白桃

品種・・・大久保

 1901(明治34)年に岡山の大久保重五郎氏が見つけた品種で、百年以上経った今も栽培され続けている超ロングセラーの極上桃です。
 果肉は繊維が多く、肉質は締まりが良いです。酸味は少なく、淡白な甘みで上品な味がします。
大久保③  

品種・・・もちづき

 平成9年筑波117号を「もちづき」と命名し、山形県での導入普及が始めら、平成12年に名称公募により『恋香桃』と選定命名されました。
 果肉が緻密で締まっており、独特の食感が楽しめます。甘みも充分あり、香りが良く、風味が豊かです。
もちづき

品種・・・夕空

 「白桃」と「あかつき」を交配した品種で、1983(昭和58)年に登録されました。 果肉は緻密で糖度が高く、日持ちにも優れています。
夕空

品種・・・川中島白桃

 名前のごとく、「川中島の戦い」で有名な長野市川中島で偶然誕生した品種で1977(昭和52)年に命名されました。
 果肉はややかたく歯ごたえがあり、日持ちが良いのが特徴です。

品種・・・清水白桃

 1932(昭和7)年に岡山県で発見された品種。
 果肉はやわらかく、多汁で豊かなコクとたっぷりの甘みがあります。
白桃

品種・・・あかつき

 「白桃」と「白鳳」を交配させた品種で、1979(昭和54年)に登録されました。 糖度が高く、果肉は緻密で溶質ながら歯ごたえのある桃です。
あかつき④